岐阜県に発令された緊急事態宣言が9月30日まで延長されたことにより、中津川市からの要請により中津川マロンパークも9月30日まで休園となりました。

 

開園に向けて1年かけて準備してきましたので、休園となり残念でなりません。

 

お客様をお迎えするために現場スタッフが丹精込めて育てていた栗の木は、9月初めから栗を落とし始め、今は毎日スタッフ総出で栗拾いをしています。

 

収穫した栗は、中津川観光協会が運営する「にぎわい特産館」と「にぎわい特産館オンラインショップ」で販売しています。

中津川マロンパークに来園できなくても、中津川マロンパークの栗を食べたいという方は、ぜひ「にぎわい特産館オンラインショップ」からお取り寄せいただけますと幸いです。

 

 

生栗 1kg 1,100円

マロンパークには、ぽろたんと利平の他に丹沢、筑波等早生、中生、晩生など約20種類の栗の木が約1,500本植えられています。
その時期収穫できる栗を1kg詰めました。

 

 

 

 

 

利平 1kg 1,500円(9月末お届け予定)

ふっくらと大きめで、色が濃いのが特徴です。
甘みをもち、食感が良いので人気があります。
生産性が低いとされ、希少な栗となっています。
蒸すだけでも美味しいですが、渋皮煮にしてみてはいかがでしょうか。