付知峡倉屋温泉おんぽいの湯

  • その他

  • レジャー

  • その他

  • お土産・特産品

  • 付知地区

「おんぽい」とは

付知を含む、この裏木曽地域は長野県の木曽地方と並んで江戸時代から、木曽五木といわれる「ヒノキ・サワラ・ネズコ・アスヒ・コウヤマキ」等の建築材を中心とした良質の材木を産出しています。
大正13年(1924年)電力王といわれた福沢桃介が、大井ダムを建設した事により川輸送することができなくなるまでの間、付知川と木曽川を経由して八百津の錦織まで川を狩りながら材木を流していました。八百津からは材木を筏(いかだ)に組んで、名古屋の熱田や三重の桑名まで運んでいます。
台風が発生しない寒い冬の河原での作業は大変な作業でしたが、「おんぽいェー おんぽいェー」 とかけ声をかけながら日傭(作業者)の皆さんは、トビ(竿の先に鉄の尖った切っ掛けが付いた道具)を使い、下流へ下流へと流していきました。
作業者の掛け声が「おんぽい」であります。

STORE INFORMATION店舗情報

店舗名
付知峡倉屋温泉おんぽいの湯
営業時間
10:00~22:00
定休日
毎月第4水曜日
所在地
〒508-0351 岐阜県中津川市付知町1929-1
電話番号
0573-82-5311
メールアドレス
ホームページ
http://www.kuraya-onsen.jp/index.php
設備