ヤブツバキ 2月~4月

苗木城跡のある、通称「城山」一帯に、たくさんのヤブツバキが自生しており、日当たりの良い場所や暖冬の年には1月中旬から花が見られます。

カタクリ 4月上旬

薄紫色の花が、うつむいたように咲く姿の可憐さが人気です。坂本千旦林、飛翔の里裏手斜面には群生地があります。日が当たらないと花は開きません。

シデコブシ 4月上旬

日本固有種で、環境省の準絶滅危惧種に指定されています。神道に使われるシデに花が似ていることから、シデコブシと呼ばれています。近似種のコブシ、タムシバ(花弁6枚)より花びらが多く、10枚以上あります。千旦林岩屋堂自生地は遊歩道も整備されており、特に有名です。市内には何ヶ所か群生地があります。

タムシバ 4月上旬

苗木城跡の展望台から木曽川をはさんだ対岸を眺めると、こぶしの花に似た白い花が咲いているのがご覧いただけます。年によってはタムシバの木がこんなに多いのかと驚かされるほど咲いています。

サクラ 4月上旬~4月中旬

市街地の本町公園の桜が満開になると、数日遅れて苗木さくら公園も満開に。それより又数日後には椛の湖の桜が満開になるというように、時期をずらして市内各地で花見が楽しめます。特に苗木さくら公園は山の斜面にあり、下から上へと順に咲いてゆくため見頃も長く、展望台からの眺望も楽しんでいただけます。

ミツバツツジ 4月下旬~5月上旬

四月中旬から里山のあちこちがピンク色のミツバツツジに彩られ始め、下旬~ゴールデンウィーク頃は根の上高原の時計台周りがピンク色に染まります。毎年つつじ祭りも開催されています。同時期~やや遅れてサラサドウダン、紅ドウダンも咲いてきます。シャクナゲ園の近くにはシロヤシオが見られる場所もあります。

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ) 5月中旬

新緑の中、雪に覆われたかのように白い花を咲かせる大木に、あの木はなんじゃ?と言うことで、ナンジャモンジャとも呼ばれます。自生地は木曽川中流域と対馬に限られている第三紀の依存植物です。国指定天然記念物となっている長瀞のヒトツバタゴなど、蛭川地域には見ごたえあるヒトツバタゴが多く見られ、ひとつばたご祭りも開催されます。苗木狩宿川沿いにも、県指定の木があり、蛭川地区よりやや早く咲き始めます。

オオヤマレンゲ 6月中旬

富士見台高原への林道の1500m付近で、純白の珍しい花を咲かせる様子は、神々しくさえあります。最初に大山(だいせん)で見つかったことから、オオヤマレンゲと名前がつきました。林道脇にあって車中からも見ることが出来るのは、中津川でもここだけです。(神坂大桧入り口広場から水またぎの駐車場の間の右側、五箇所ほど)

ササユリ 7月中旬~7月下旬

標高1739m、笹に覆われた富士見台高原の斜面に、淡色~濃色ピンクの可愛い花を咲かせます。種をまいてから花を咲かせるまでに10年程かかり、保護活動も行われています。

阿木の花ハス 7月下旬~8月下旬

阿木萬嶽寺に、阿木花ハス愛好会事務局が置かれています。八屋砥蓮池や萬嶽寺にて鑑賞できます。

坂下地区のそばの花畑 9月後半

そばの白い花が恵那山をバックに広がる美しい光景。期間中はカフェや熱気球など催し物が開催されます。

富士見台高原の紅葉 10月上旬~11月上旬

標高が高いため、市街地よりかなり早くから色づき始めます。強清水から神坂峠まで広葉樹が多く、美しい紅葉が楽しんでいただけます。